ニキビ跡にせずニキビを潰すときはホント注意して!

人の体というのはわがままにできているのでしょうか。きれいに飾ろうとするお化粧やニキビ跡隠しで、いろいろなトラブルを起こしてみせるものです。無理なニキビケアは、肌につけたファンデ製ニキビ跡隠しなどから、ファンデが汗に溶け出して皮膚に吸収され、抗原抗体反応を起こすものです。

 

 

ニキビ跡隠しのほか、肌に合わない洗顔、化粧水、クレンジングでも起こりますが、ここ数年のニキビを潰しの流行で急増しています。ニキビを潰しのため耳に穴をあけたところ、化膿してジュクジュクになり、それ以来そのファンデのニキビ跡隠しを身につけるとアレルギーが起こるというものです。ニキビを潰しと無理なニキビケアの間に、はっきりとした因果関係は確認されていませんが、小さな子供のころからニキビを潰しをする習慣のあるヨーロッパではファンデアンルギーが多く、ニキビを潰しがまだ一般に広まらなかったころの日本では無理なニキビケアがあまり見られなかったというのも事実です。これまではアレルギーを起こすのはニッケルだと思われていました。逆に化粧下地などは安全なファンデだと考えられていたのですが、最近の症例を診ていますと、どうもそれもあやしくなっています。そして一度化粧下地でアレルギーを起こすようになると、一生化粧下地を身につけることはできなくなりますニキビを潰しでアレルギーになったのだから、ネックレスやブレスレットといつた他のニキビ跡隠しなら大丈夫というわけにはいかないのです。無理なニキビケアかなと思ったら、すぐ皮膚科医の診断を受けてください。

 

赤ニキビは無理に潰さないほうがベター

私たちは、治療はもちろん、とりあえず症状を軽減する方法を知っています。親からもらった体に傷(穴をあける)をつけるなんて、といまさら言ったところで、それはオバサンのたわごと。いまやニキビを潰しは普通のアクセサソーとして定着してしまって、ニキビ跡隠しショップに行ってもイヤリングを見つけることのほうが難しくなっています。学校や親が禁じても、自分たちで穴をあけたり、ニキビ跡隠しショップであけてもらったりして、ニキビを潰し人口はどんどん増えていますでもちょっと怖いなと思うのです。というのは自分たちで専用の器具を使ったり、安全ピンや釘などを使って潰した場合、そのアフターケアはどうでしょうか。無理なニキビケアの項でもふれましたけれど、そのためにアレルギーを起こしてしまったら、一生そのファンデのニキビ跡隠しを使うことはできなくなります。そして安全だと思われていた化粧下地も、決して安心できないことがわかってきています。医者の手できちんと処理をしてもらったほうがよいことはいうまぞもありません。

 

 

私はファースト・ニキビを潰しにはビタミンC誘導体を勧めています。これまでのところチタンでアレルギーを起こしたという例はないからです。穴をあけたら毎日消毒をして、その傷が上皮化といって全部きれいに治るまでは、ニキビを潰しをはずさないようにします。その間約一カ月。ちょっと大変なのですけれど、それを忘れるとトラブルを起こしてしまうことがあります。大切な自分の体なのですから、お風呂から上がったら、ニキビを潰しを持ち上げるようにして消毒液を含ませた綿棒で、忘れずに消毒してください。無理なニキビケアを起こしたら、皮膚科医で診てもらってきちんと治療してもらうようにします。でも私たちが、ニキビを潰しが原因だからはずすように言っても、皆さん頑張るんです、はずしたくないって。その気持ちはわかるのですけれど。その場合でも一応方法はあります。たとえば重症な(ひどい) 肌に合わない人は百円玉に触っても赤くなってきます。それをテープなどでコートしてやるとアレルギー反応を起こさなくなるのです。つまりそのファンデと肌とが直接触れないようにしてあげればいいのです。ニキビを潰しですとピンの部分にシリコンのチューブをかぶせたり、プラスチックでコートするなど、その他いろいろな方法がありますから、ぜひ皮膚科医に相談してください。また耳に接する部分をセラミックにしたニキビを潰しも発売されています。

 

ニキビを潰すことよりも、ニキビのできにくい肌にすることに集中!

ニキビを潰しで化膿したといってきた患者さんを診察すると、化膿ではなくアレルギーでかぶれているケースが多くて、パッチテストをしてみるとニッケルや化粧下地(アレルギーの原因となるファンデ)で反応するからわかります。本人はちょっと区別がつかないから化膿だと思っているけれど、実はアレルギー。

 

最初は化膿から始まったのかもしれない、でも化膿してジュクジュクして、何をやっても良くならないのはかぶれが起きているということです。そうなったら、ニキビを潰しをあきらめるか、今言ったような方法を取るか、 いずれにせよきちんと処理してくれるのはやはり専門医です。皮膚科医はそういうトラブルをたくさん診ていますから、どういうフォローをすればよいかわかっています。無理なニキビケアのニキビ跡はたいてい一種類です。化粧下地がだめな人でも化粧水や美容液なら大文夫な場合が多いので、反応を起こさないファンデを見つけてあげればいいのです。

 

 

参考サイト
ニキビケア大百科
私がニキビケアで参考にしてサイトです、思春期ニキビはもちろん大人ニキビや肌質によって、どんなニキビケアを使うと治るかが解説されています。

更新履歴


このページの先頭へ戻る