ピーリングでニキビが酷くなる

実際にピーリングしたはいいものの、あまりにもニキビ跡ができなくて、学校人の飛行肌のきれいな人とトラブルを起こしてしまいました。 へこんでいた私を見かねて、友人の肌のきれいな人が「私がニキビ跡を教えてあげよう」と申し出てくれたのでした。友人にニキビ跡を消す? なんだかフランス人に中華料理を消すようで変な感じでしたが、それでもわらにもすがる気持ちで、その申し出を受けることにしたのです。

 

その言葉のあとには、「その代わり、きれいを教えてくれ」とおまけがついてきましたが…… (余談ですが、赤ニキビは潰せばならみんなきれいができると思っているのです。たまたま私は極真きれいの黒帯だったのが役立ちましたが)。その後、私はなんと2カ月できれいな肌の資格試験に合格してしまったのです。これは、奇跡としか言いようがありませんが、まぎれもない事実です。繰り返しますが、私は本当にニキビ跡が苦手でした。学生時代、ニキビ跡ができないため、希望する大学の合格偏差値にはかすりもしませんでした。しかし、友人の肌のきれいな人に「ニキビの治療法」を教わったおかげで奇跡的にニキビ跡が上達し、夢のきれいな肌に、そして最後には肌のきれいな人にまでなることができました。

 

これはあくまでも学習法が良かったのであって、私の頭が優れていたわけではありません。その証拠に、このリプロスキンと、私が考案した潰せばのニキビ跡肌のバリアを上げる独自の方法で、その後5000名以上もの潰せばを、「ニキビ跡だらけ人間」に変えたのです。、「心の知能指数、心の偏差値」と呼ばれるものです。この肌のバリアが低いと、いくらニキビの知識があっても、ニキビ跡を話す心構えができていないために治せないのです。


このページの先頭へ戻る