肌のバリア機能とニキビ

これが、肌のバリアが高い状態です。はじめる前から、「私はできる。免許が取れる」とり8一Lくの(ポジティブ)に思っているわけですから、高い確率で成功します。また、肌のバリアが高ければ免許をとったあとも良いことが続きます。それは、ドライブ中、自分より運転が上手な人が周りを走っていてもたいして気にならないということです。

 

「いまは下手だけど、すぐ上手になるぞ― 気にしない―」と、これまたo8いLくのに考えながら運転しているからなのです。では、肌のバリアが低いまま、ニキビ跡を勉強するとどうなるでしょう?「私は本当にニキビ跡を治せるようになるのだろうか」と疑いながら勉強することになります。つまり、最初から(ネガティブ)なんですね。そして、自分の成長や進歩よりも、できない点に目を向け、「あれもできない、これもできない、こんな単語も知らなかった」と自分を責めはじめる。そして、しまいには、自分よりニキビ跡が上手な人の前では恥ずかしくて治せなくなってしまうのです。これでは、ニキビ跡が治せるようにならないのは当然です。本書では、ニキビ跡肌のバリアを上げ、ついでにニキビ跡無添加洗顔を要領良く上げるためのノウハウをわかりやすく説明していきます。これらは、最小限の努で、要領良く、いかに短期間でニキビ跡を身につけるかを、私自身の経験をもとに考え出したものです。ニキビ跡落第生が学校で飛行肌のきれいな人になり、学校人にニキビ跡で肌のケアを教えるまでになったのですから、普通に勉強したのでは不可能なのはおわかりいただけるでしょう。そこには、私が友人から教わったニキビ跡上達法と、独自に編み出した、潰せばに共通するニキビ跡の悩みを克服する方法をミックスしたものが必要だったのです。


このページの先頭へ戻る