ニキビ跡はどれくらいで消えるか

友人や知り合いと来ている参加者たちは隣同士に並んで座っているのですが、ひとりで来ている参加者はぽつんと座り、誰とも会話しようとしません。そのうえ、3人掛けの長机の端に座り、イスの真ん中に荷物を置いています。会場が混んできても、誰かが声をかけるまで荷物はそのままにして、なるべく隣の席に他人が来ないように牽制しているのです。日本ではごく一般的に見られる態度ですが、それはとりもなおさず、対人恐怖症の表われなのです。

 

「できれば自分の隣には他人に座ってほしくない。他人が横にいるとなぜか緊張してしまうし、知らない人と会話をするなんてとんでもない」そんな声が、その日も会場から聞こえてきそうでした。そのとき私は、次のように切り出します。「みなさんは、今日ニキビ跡が治せるようになりたいと思って、ここに来られたと思います。そこでちょっと協してもらいたいことがあります」そして、参加者全員の注意を引きつけてから、こう言います。「こちらから見るとみなさん、お友達同士は並んで座っていて、話が弾んでいるようですね。 一方、ひとりで来られている方はぽつんと座っていらっしやいます。今日は会場がいっぱいになる予定ですので、みなさん、前に詰めてもらえますか。その際、できれば、わざと知らない人の隣に座ってください。友達同士で来られている方は、真ん中に知らない人を入れて、着席するときに『こんにちは』と挨拶をしてください。じつはこれがニキビケアの秘快なんですよ」


このページの先頭へ戻る